Event is FINISHED

ニホンバシ46ドウフケン#014エヒメ(八幡浜大島)

Description

”五街道の起点、日本橋から始まる、日本への旅”をコンセプトに、東京日本橋から、”その土地の魅力” に出会い・知り・食べ・語り合う、五感体験型企画『ニホンバシ46ドウフケン』を開催いたします。


第14回となる今回、みなさまに日本橋で体験いただく"その土地"の名は、


『いやしの楽園・八幡浜大島』。




そんな離島で行われようとしている『地域の活動や課題、そして島の未来は?』を"八幡浜大島"に関わる方々をゲストにお呼びしてお話しを伺います。


ーーーーーーーーーーー

・《ニホンバシ46ドウフケン Vol.14》


『 エヒメ(八幡浜大島)に出会い・知り・食し・語り合う』

ー市長・素潜り漁師・地域おこし協力隊・建築家を向かえてー




・日時:2018年6月23日(土) 15:300~19:30 ※後半懇親会



・ゲスト:大城一郎(八幡浜市長)、伊藤優士伸(大島区長/素潜り漁師)、乘松稔明(八幡浜市地域おこし協力隊)、野口淳(建築家/タンポポデザイン主催)



・定員:100名(予定)



・会費:3,800円(税込)※八幡浜大島の旬の食材を使用した特別コース料理付き



・申込:Peatixにて



・情報発信:facebookイベントページにて




ーーーーーーーーーーー


日本には6,825もの島があると言われています。そんな、数多ある島のひとつ、”八幡浜大島”は、四国の愛媛県、佐田岬半島の付け根に位置する八幡浜市にあります。大小5つの島の総称で、人口は約230人、約30分あれば自転車で島の端から端まで移動できる大きさ、そして漁業が盛んな漁村の島です。


:八幡浜大島ポータルサイトーようこそいやしの楽園へー


【ニホンバシ46ドウフケン#014エヒメ(八幡浜大島)に参加して体感できること】



《その1:出会い》

ゲストである、現役素潜り漁師で島の区長と島で生活して3年目の地域おこし協力隊、2018年夏おそらく開島350年初めて島にできるカフェ機能を持つ交流拠点施設を設計した建築家、そして現八幡浜市長といった"八幡浜大島"に色々な角度から関わる方々との出会いがあります。


《その2:知る》

このPeatixにて"八幡浜大島"のことを初めて知った方々が多いと思います。宇和海に面した八幡浜大島は四国本土の八幡浜港からも連絡船で約20分の距離。海は宇和海の中でも特に澄んでいると言われ、島に渡ると緑!青!青!が飛び込んできます。人口230名で約70%が65歳以上という厳しい現実はあるものの、都会の喧騒を忘れてしまう"いやしの楽園"を知れます。



《その3:食す》

本来なら島に渡らないと食べることのできない"旬の食材"を利用した、日本橋室町豊年萬福の料理長が作る46名物『地域の御膳』を今回は特別にコース形式でご提供致します。



《その4:語り合う》

ニホンバシ46ドウフケンは参加者がスピーカーの話を聞くだけの一方通行ではないところに醍醐味があります。ゲストそして参加者同士で”島の未来”を語り合いましょう。



【ニホンバシ46ドウフケン#014エヒメ(八幡浜大島)こんな方にオススメ】

《あなただけの島が欲しい方》

八幡浜大島は開島350年の歴史があるものの、観光に力をそそぎはじめたばかりの島です。まだ何もありません。ただ、その何もない、開発の手垢がついていない今だからこそ"あなただけの島"を持つことができるのです。ぜひ、第二の故郷を島で持ちませんか?


《旅で日本の魅力に触れたい方》

八幡浜大島なら、日本の原風景の漁村を体験することができます。


《自然アクティビティで遊ぶのが好きな方》

八幡浜大島には、手付かずの海があります。釣りはもちろんのこと、SUPやシーカーヤックなどを行いませんか?自然を独り占めできます。


《パワースポットや民俗学が好きな方》

八幡浜大島には、二つのパワースポットがあります、離島では珍しい淡水湖"である竜王池"と一つの小島の全域が信仰対象であり神域である”三王島”。民俗学がお好きな方にもオススメです。


《地質学が好きな方》

八幡浜大島は地質学的にも大変面白い地層を持っています。その最たるものが”地震の化石”です。国の天然記念物にもなっており、日本だけでなく、世界の中でも大島のように多数の場所で露出しているのは大変珍しいです。


《地域活性やまちづくりに興味がある方》

八幡浜大島を含む"八幡浜市"は、日本のみかんのプライスリーダーやトロール船を含めた水産業で全国的にも勝つことができる産業があります。そんな八幡浜市は今ゆっくりと変わろうとしています。手垢のついてない"地域"に触れられる機会は昨今珍しいです。


【興味を持ってくださった方へ】
八幡浜大島の魅力を、ぜひ日本橋にて体験してください。

特に体験して欲しいテーマは大きく2つ。

「1/6825のあなただけの島」と「課題先進地からの挑戦」です。

「1/6825のあなただけの島」・・・
日本に離島は数多ありますが、"八幡浜大島"は地元市民のひとですら近くて遠い島。でもそこには現代の東京では失われつつある"日本の原風景"があります。そして魅力的な”島びと”たち。まだ、東京でも知られていない"八幡浜大島"に、年に1度訪れませんか?『あなただけの島』が待っています。第二の故郷を離島に持とう。


「地域課題先進地からの挑戦」・・・
人口230人、そして約70%が65歳以上の"八幡浜大島"。人口減少・空き家問題・超高齢化・事業継承...、と言った日本の色々な地域が抱えている課題が高密度で顕在化しています。ただし、ネガティブに考えるだけでなく、"地域課題先進地"だからこそ、島だからこそできる挑戦がそこにあるはずです。


※今回の46は特別バージョンで開催します。
通常の金曜日の朝開催ではありませんのでご注意ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日 時】2018年6月23日(土)15:30~19:30

【場 所】日本橋室町 豊年萬福
 http://www.hounenmanpuku.jp/access/

【定 員】100名(予定)

【タイムテーブル】

《第一部:出会う・知る》

15:30~15:40
46恒例の本当に寒いアイスブレイク
「46と大島と日本橋(仮)」

・鳥羽 真 (日本橋フレンド)


15:45~16:00 オープニングスピーチ

テーマ:「だんだんクセになる、八幡浜(仮)」

・大城 一郎(八幡浜市長)


16:00~16:15 プレゼンテーション

「いやしの楽園・八幡浜大島(仮)」

・伊藤優士伸(大島区長/素潜り漁師)

・乘松 稔明(八幡浜市地域おこし協力隊)


16:15~16:30 キーノートスピーチ

「島の記憶(おもい)と来島者の記憶(おもいで)をつなぐ場所(仮)」

・野口 淳 (建築家/タンポポデザイン代表)


16:30〜16:40 休憩&感想のシェア


16:40〜17:10 トークセッション

「可能性と現実から考える”島の未来” 〜"あなただけの島"と"課題先進地"〜(仮)」

・大城 一郎(八幡浜市長)

・伊藤優士伸(大島区長/素潜り漁師)

・乘松 稔明(八幡浜市地域おこし協力隊)

・野口 淳 (一級建築士事務所タンポポデザイン代表)

・鳥羽 真 (ファシリテーター/日本橋フレンド)


17:10〜17:25 プレゼンテーション

「大島へ行こう!(仮)」

・山岸 道子(日本橋フレンド)


17:25〜17:30 集合写真


17:30〜18:00 休憩&交流タイム

※料理提供準備のため、参加者の皆様には豊年萬福の2階にておくつろぎいただきます。
ゲストや皆様との交流もお楽しみいただけます。


《第二部:食す・語り合う》

18:00〜19:25 地域の夜御膳コース

「八幡浜大島、旬の食材を使った御膳」

・河野_ 政仁(日本橋豊年萬福料理長)


19:25〜19:30 終了の挨拶


*スピーチのテーマはは変更になる可能性があります。


【参加について】

・Peatixでの申し込みをもって完了となります。


【参加費】
・3,800円(お食事代込みの金額です)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ニホンバシ46ドウフケン


-日本橋から始まる、日本への旅-

江戸の世では『五街道』の基点。

現代の世では『七国道』の始点。

日本橋から全国へ道は続く...。

「さあっ!」
東京都、ニホンバシにて

46道府県の魅力を体感しましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



お問い合わせ先: NPO法人日本橋フレンド


ニホンバシ46ドウフケン担当宛


nihonbashi46dofuken@gmail.com
 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#336801 2018-05-11 12:55:17
Sat Jun 23, 2018
3:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費用(八幡浜大島、旬の食材を使った御膳付き!) SOLD OUT ¥3,800
Venue Address
中央区日本橋室町1丁目8−6 Japan
Organizer
日本橋フレンド
191 Followers
Attendees
35